• 演目
    初心者にもわかる!歌舞伎のチケットの買い方を伝授します!
    2018年2月13日
  • 歌舞伎役者
    歌舞伎の梨園について知ろう!由来とは?
    2018年2月1日
  • マナー
    歌舞伎の出待ちのルールとマナー!
    2018年2月13日
  • 歌舞伎役者
    歌舞伎役者になるためには?一般の家からでもなれる?
    2018年1月14日
歌舞伎はつまらない?理由は興味がないから?

歌舞伎は、一般の 劇と違いどくどくの雰囲気がある作品となってます。

歌舞伎に関して興味がない方にとっては、つまらないと感じる方もいらっしゃるかと思います。

歌舞伎に関していろいろと紹介をします。

場所によっては、セリフだけ言う所もございますが、ミュージカルに似たような感じで、徐々場を盛り上げていくようなストーリー性になってることが多いです。

 歌舞伎がつまらないと感じる理由

歌舞伎は日本だけの昔からある伝統芸能ですので、歌舞伎の内容がわからないとつまらなく感じてしまいます。

好きでないとなかなか興味をもって見ることが出来ないものなので、歌舞伎の名前は知っているけど実際に見たことがないという方も多い理由としては、そこにあります。
見た目も地味な所があるので、笑いどころがわからないことがあります。

ですので、初めて歌舞伎という伝統芸能を見てみたいと思う方は、

 

伝統芸能について調べてからご覧になられると、歌舞伎がつまらないと感じることはなくなるかと思います。

歌舞伎の女形の歴史と魅力とは?男性が演じる理由とは?
2018.10.25
歌舞伎の世界に女性はおらず、女性役は女形と呼ばれる男性が女性の格好をして演技をすることは有名です。 舞台に出るなりその華やかさで観ている人を魅了してしまう女形。 歌舞伎の始まりは阿国という名前の女性だ...
歌舞伎はつまらない?理由は興味がないから?
2018.10.25
歌舞伎は、一般の 劇と違いどくどくの雰囲気がある作品となってます。 歌舞伎に関して興味がない方にとっては、つまらないと感じる方もいらっしゃるかと思います。歌舞伎に関していろいろと紹介をします。場所によ...

歌舞伎の面白い所はどこにあるのか

歌舞伎は人によって楽しみ方はいろいろございます。

歌舞伎の面白さがわかるようになるには、舞台に上がられてる演者の言葉、動きをじっくりと見ていることです。

演者の方は、いい加減に演じているのではなく、一つの動きに関しても集中して練習をされてるので、一つ一つの動きに関して、意味を深く感じ取れれば面白さが伝わるかと思います。

普段民法のテレビ番組を見ている方が、いきなり歌舞伎の番組を見ても面白さがすべて把握しないこと方も多くいらっしゃいます。

 

歌舞伎役者として演じてる方は、すべて男性となっておりますので、女性が一人もいないことから場に華やかさを感じられないことも面白さを感じない理由かと思います。
若い年代の方は、歌舞伎に関して見向きもしないですが、高齢の方であれば、日中暇な時間がありますので、見に行ってみようという方もいらっしゃいます。

 

役者の演技を見て、とてもいいと感じられれば、歌舞伎のとりこになる方もいらっしゃいます。
歌舞伎役者にとっては、見に来てくれる方に命を吹き込んでるので、それがお客様に伝わると役者の方もやる気と言う面ではアップしてきます。

それを積み重ねることで、演技もレベルアップすることがあるので、面白さも十分に理解出来てきくるかと思います。

 

歌舞伎役者でも、若い方が役者として頑張ってる方も増えてきてますのでファン層も厚くなってます。

見ていて若い方が演技はどうであれ、がんばっている姿を見ると、応援したくなる気持ちは十分にわかります。

そこの家族で代々引き継がれている所では、小さな時から歌舞伎役者になることが決められてますので、見ているととても可愛らしく思います。

まとめ

歌舞伎は初めて見る方、一度見られた方は、つまらないと感じる方も多いかと思います。
しかし、歌舞伎役者は、つまらないと感じて演じていることはないです。

役者は、どこかに面白さがあるからこそ、来場している方に楽しんでもらうために、日々稽古を積み重ねて、完璧な演技が出来るようになってます。
各役者ともに伝統を貶さないように努力をされてるので、見方を変えれば面白いと感じるはずです。

伝統芸能は、先代からずっと続いて今日にあるものなので、それだけ歌舞伎には歴史があるということです。

 

ということから、先代から継承され親から子へさらに孫に至るまで、継承していくのが家庭の約束となってます。
ですので親が先代から教わったことすべてを子供に伝えられないと、どんどん歌舞伎の魅力がなくなってくるように感じるのです。

 

稽古の時間も親が子供に教える時には、親ではなく師匠として厳しく指導をされてます。
親の感覚で行うとどこかで甘えが出てくるので、稽古をしている時には、長年経験のある方は、下に対して甘やかすことなく伝統に沿って演技指導を行ってます。
動画で見るのと実際に舞台を見に行くのとでは、役者の心を感じ取れるものが違います。

今まで、興味がなかった方も一度舞台を見てもらえば、魅力に感じられて、また、見に来ようと思うようになります。
歌舞伎というものは奥深い作品となってますので、つまらないと感じている方も多くいらっしゃるかと思いますが、伝統芸能というものに対してどのようなものがあるのかをちぇっくしてみると、興味を感じてきます。

視聴率が取れないことから、テレビなどで放映される回数もすくないので、開演している近くに足を運んだ方は、帰りなどに見て帰るのもいいかと思います。

ゆっくりと座ってごらんになれるものなので、テレビのような笑いは起きないかもしれませんが、歌舞伎独特の笑いが起きるこ部分もございます。
どのように楽しむかは人それぞれですので、行かれた時には、大いに楽しんでもらいたいです。

面白さがわからない方は、歌舞伎の歴史をたどっていけば、少しでも面白さがわかってくるかと思います。

関連キーワード
歌舞伎役者, 歴史, 演目の関連記事
  • 歌舞伎の出待ちのルールとマナー!
  • 歌舞伎はつまらない?理由は興味がないから?
  • 歌舞伎の弟子入りって?給料はどれくらいもらえる?
  • 歌舞伎の女形の歴史と魅力とは?男性が演じる理由とは?
  • 日本の伝統芸能・歌舞伎の「襲名」とは?
  • 知ってる?歌舞伎の白塗りと化粧の意味とは?
おすすめの記事
歌舞伎の屋号の由来と意味とは?
屋号
歌舞伎を見に行くと、主演などの役者さんが、花道で見得を切ったり、見せ場の演技をしたときに、観客席の奥の方から鋭い声色で「成田屋っ!」「播磨屋...